お金を借りたい!どんなお金を借りる?

お金を借りたい時には、「どういうお金を借りるのか」が重要です。
お金を借りたい理由がはっきりしている場合には、
金利が低い金融商品を狙うことが出来ます。

目的がはっきりしている時に利用できるローン

例えば家を購入するのであれば住宅ローン、リフォームであればリフォームローン。
車の購入が目的であればマイカーローンですし、
教育にかかるお金を借りるというのであれば教育ローンになります。

事業性の高い融資であれば、事業者向けのローンなどがあり、
その用途に応じて金利設定されています。

このようなお金を借りる場合には、用途が合致する場合には、
国民政策金融公庫の利用が金利の面では一番負担が少なく、
その次に銀行の商品の利用が有利です。

目的ローンは総量規制対象外

またこういったものであれば総量規制の対象外となりますので、
大口の融資が実行される可能性も高くなります。

クレジット会社や消費者金融からの融資

クレジット会社の消費者ローンや消費者金融からの融資は、
金利の面で不利になりますが、振り込み融資でなくとも
スピーディーな融資ということになるとかなり有利です。
クレジット会社の金利は銀行よりも高く、消費者金融よりも安い傾向にありますし、
融資実行までの期間も銀行より短縮する可能性があります。

消費者金融であれば金利は法定金利ギリギリの設定が多く見られますが、
融資実行はどこよりもスピーディーとなります。
銀行でも消費者金融との提携がある銀行においては
この個人向け融資のノウハウがありますので、融資実行までを短縮させた用途不問の
カードローンなどの商品を販売している場合もあります。
消費者金融よりも金利は低くなります。

お金が借りたいのであれば用途が限定できるのか、
総量規制の範囲を超えて融資が受けたいのか、
融資実行までの期間に余裕があるのかなどを加味して
金利と照らし合わせつつ、優先順位を決めて、
自分にあった金融商品を見つけましょう。